話題沸騰中のセラミドで美肌に一歩前進|化粧水で肌に潤いを与えよう

顔だけの物ではない

お尻

痛いのが特徴です

ニキビと言えば顔と言うイメージが有りますが、実は皮脂腺が有る所は全て出来てしまい、お尻も例外ではありません。またお尻の場合は他の部位と比べても痛みを感じやすく、なかなか治らない場合も多々あります。そもそもニキビは皮脂がたくさん分泌される部位にできやすい疾患です。だから顔、背中、デコルテ等に出来てしまう事が多いのですが、実はお尻も皮脂の分泌が行われています。さらにお尻自体は座ったりする時に体重をその部分だけで支えているので、どうしても他の部位よりも皮膚が厚くなってしまいがちです。皮膚が硬くなると皮膚が毛穴をふさいでしまいやすくなり、その結果アクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。また抑々お尻自体は空気に触れている事も少ないので、蒸れやすく、なかなか清潔を保つ事もできません。その為、1回ニキビが出来てしまうと簡単には治らず、どうしても長い引いてしまったりします。また、実はニキビではなく粉瘤と言う可能性もあるので、その点にも十分注意して様子を見て行く必要があります。お尻のニキビを出来るだけ改善する為に必要な事は、清潔を保つ事です。また下着による刺激を受けやすい箇所なので、化学繊維の物を着用している場合は綿でできている物を選びます。勿論入浴時には丁寧に洗い、石鹸分が残らないようにしっかりと洗い流す事も必要です。乾燥すると肌の抵抗力が低下してしまうので、保湿を行い、より肌を柔らかくする事、さらに適宜薬を利用する事を意識するとお尻のニキビが徐々に改善して行きます。